乳がんとは?|がんに有効な免疫療法や乳がん検診に関する情報を提供します!|cancer guide

乳がん検診を受けよう!早期発見と治療が重要です

乳がんとは?

ハート

乳腺に発生する

乳がんは乳房に発生するものとイメージされる方もいらっしゃるかもしれませんが、それは間違いとなっています。乳がんは乳房の内部にある乳腺に発症するものなのです。乳がんは症状が進行しないうちに治療を行うことが大切となりますから、定期的に乳がん検診を受けることが重要です。

乳がんが発生する部位

乳がんといっても、がんが発生する部位は個人によって変化するものとなっています。例えば、乳房の上部にがんが発生してしまう事が多くあると言えるでしょう。特に上部の外側に乳がんが発生してしまう事が多くあると言えます。また、左の胸に乳がんが発生してしまう確率が高いものとなっています。

乳がん検診の種類をチェック!

マンモグラフィーとは

乳がんかどうかを確認する際には、マンモグラフィー検査が利用される事があります。マンモグラフィーの特徴となるのが、乳がんの初期状態であっても発見する事が可能だという事です。胸を強く圧迫するような検査が行われますが、精度の高い検査方法だと言えるでしょう。

エコー(超音波検査)とは

超音波検査を利用する事によって、乳がんを特定していくような場合があります。エコー検査のメリットとなるのが、妊娠中の方であっても乳がん検診を受けることが出来るといった事となります。また、30代からそれ以下といった比較的若い世代の乳がんを発見する際に有効だと言えるでしょう。

乳がんの原因とは?

月経が早く始まった

生理が始まる年齢が低いことによって、乳がんのリスクが高まってしまう事が多くあります。乳がんはエストロゲンと呼ばれるホルモンに大きく関係しているもので、生理がはじまる年齢が低いことによって、エストロゲンの影響を多く受けてしまう事になってしまうのです。

閉経が遅い

閉経する年齢が高いことによって、乳がんのリスクを高めてしまう事があります。閉経が遅いことによってエストロゲンの影響を多く受けてしまうと言えるためです。そのため生理が長く続いている方は、乳がんが発生しやすいと言えるでしょう。

妊娠や出産をしなかった

女性は妊娠すると、ホルモンにも影響が出てくるものです。妊娠した際にはエストロゲンではなくプロゲステロンと呼ばれるホルモンが多く分泌される事となり、エストロゲンの影響が減少すると言えるのです。また出産と同時にエストロゲンが体外に排出されてしまいますから、出産後はエストロゲンの影響を受けにくくなると言えるでしょう。

初産の年齢が高い

初めて出産を経験する年齢が高いことによって、乳がんのリスクが高まってしまう事があります。エストロゲンは10代から20代といった若い世代の時に大きな影響を与えているものです。そのため若いうちに出産を経験していると、乳がんが発症するリスクが低くなると言えるのです。

授乳を行わなかった

赤ちゃんに母乳を与える事が、乳がんのリスクを減少させる事となります。母乳はエストロゲンが存在していると、体内で作り出す事が難しくなるものなのです。そのため授乳を行うことによってエストロゲンの分泌を抑えることができ、結果的に乳がんのリスクが下がると言えるのです。

広告募集中